2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストアパートメント

 まーた暫く更新サボっておりました。
 休んでいる間には制限改訂なんて大きなニュースもあったりで、ネオスタンもスタンも、随分環境が様変わりしました。今までの構築常識が通用しなくなってきた印象ですね。


 まあ、その辺りは追々触れるとして(特にスタン考察はまた記事を書きます)。
 今日は新環境のネオスタン、タイトル『FAIRY TAIL』をざっくばらんに考察する感じの記事を。
 強タイトルが軒並力を落としましたから。
 これから注目されるタイトルになるやもしれないですね。


 それでは本文は追記分から。






◆タイトル特長
1.メタカードが多い
 具体的には《ドラゴンフォース ナツ》《ウェンディ・マーベル》の二種がそう。
 どちらも貧弱なL1キャラですが、多くのデッキで意識されている「L1でアドを取っておいて中終盤へ繋げる」動きをスマートに妨害する事が可能です。
 裏返せば、有効に活用する為には高度なメタ読み能力が要求されるのも事実。
 が、それ故に構築が嵌った時の強さには目を瞠るものがあります。

2.相手ターンのパワーが安定している
 L0を除く全てのレベル帯で、相手ターンに高いパワーラインを築くことが可能です。
 助太刀やカウンターイベントの充実が、その最たるもの。
 L1から運用できる3000助太刀に加えて起動効果使用時パンプ付き汎用応援の存在。
 L2から13000を無理なく盤面に設置できる優秀なチェンジ。
 そして最終奥義とも呼ぶべき2コス6500カウンター。
 キャラの質も高く、総じて盤面を構築するのに適したタイトルであると結論できます。


◆有力カード考察
L0
・《エルザ・スカーレット》
 グレイ軸で構築するなら必須級の一枚。
 カウンターに2000助太刀を相当数採用しなければならない苦しさこそあれ、二つのパンプ効果が噛み合った時の返しの強さは異常。
 問題はグレイ軸がどこまで有力か、それのみだが。

・《ネコマンダーのハッピー》
 特徴を「竜」に無理に寄せずとも強力な一枚。
 色が合うキャラだけでも、《ガジル・レッドフォックス》《ドラゴンフォース ナツ》と各レベル帯の相打ちが「竜」である為、赤を採用する場合は一考に値する優秀後列。

・《妖精の尻尾のマスター・マカロフ》
 FTを組む上で欠かせない集中。
 安定性を上昇させ、起動効果を積極的に使用でき、黄色枠も補完すると良いことずくめ。
 エクストラで《“合体魔法”ルーシィ》が参入した為、以前より一極依存は薄れている。
 
 アタッカーは省略。


L1
・《ドラゴンフォース ナツ》
 とかく優秀なL1キラー。
 CX対応でアンコールを封殺できるのが大きく、昨今の「コストを要してもハイパワーでラインを構築する」L1の風潮に対して異常に強い。
 赤が入るならまず採用を検討すべき。

・《“ウルの教え”グレイ》
 グレイ軸のL1基本キャラ。
 1/0/6000手札アンコールと標準以上のスペックではあるものの、一度助太刀を噛ませなければならない為、うっかりL1先上がりされた時の処遇に困ってしまう。
 徐々に相対的評価の低下が見られる。

・《ウェンディ・マーベル》
 メタカード。
 CX対応が脳内お花畑な強さで、現環境なら対象にも困らない。1発限りなら自ターン8000と決して悪くない数字で殴れるのも及第点。
 一方で前列を維持するにはあまりにも貧弱なパワーであるのも事実。
 メインアタッカーとしての運用には疑問符が残る。

・《幼き日のエルザ》
 1/0/6500の安定アタッカー。
 黄色をメインに据えることを冷静に考えるほどの優秀アタッカーであり、クロック絆によるアド取りの容易さ、《“合体魔法”ルーシィ》による記憶条件の実質的な緩さが素晴らしい。
 パーツの為にスペースを多く割かなければならないので、構築制限が見た目以上に厳しいのが唯一の欠点らしい欠点ではある。

・《黄道十二門の星霊》
 3000助太刀。
 制限が記憶のみなので、様々なデッキに採用を検討できる。知らない相手にとにかく強い。


L2
・《脱ぎ癖グレイ》
 グレイチェンジのチェンジ元。
 パワーこそ貧弱だが、ルーター機能の起動を持つので柔軟な動きが可能。
 L2のパワーラインが高いならば、徹底した先上がりor他アタッカーとの2枚看板が必要になってくる。どちらを選択するか(できるか)は好みと構築による。

・《オレたちの帰る場所 ナツ》
 素で9500にまで上昇する安定L2アタッカー。
 レベル応援一枚で11000にまで伸びるので、相手ターンもさることながら自ターンのアタッカーとしても優秀。チェンジのみで戦えないと思うなら。

・《“ウルの涙”ウルティア》
 レベル応援その1。
 起動効果が意味解らないほどに優秀で、特にCXにアクセスする必要のあるL3エルザ等を採用する場合には必須。リフ後にチェンジパーツを拾ってきたり、様々な局面で役に立つ。

・《ラクサスの“じーじ”マカロフ》
 レベル応援その2。
 こちらはウルティアと違い汎用効果こそ備えていないものの、記憶のパンプ対象が全域である為、少しばかりパワーラインを高く設定する事が可能。
 2枚並べると、2000/3000/2000とパンプするので、意外に馬鹿にならない。

・《紅蓮鳳凰劍》
 使えば解る。
 使われても解る。


L3
・《妖精女王のエルザ》
 FTのフィニッシャー。2回アタックの最右翼。
 とにかく条件が緩く、開始0ストックからでも5パン可能という変態性能。
 一方で、素では11500までしかパワーが伸びないので、レベル応援を加味しても「相手のキャラをリバースする」条件が厳しいことも。
 有力なパンプイベントも少ないので、手放しで使える訳ではない点が辛い。

・《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》
 L2以降の基本パワーライン構築要因。
 素で相手ターン11500なのでとにかく落ちず、気軽にアドバンテージを稼いでいける。
 唯一にして最大の欠点はチェンジコスト。
 酷いアド損なので、特にリフレッシュ前にチェンジしたくないのがジレンマ。


◆デッキ構築方向
 カラーリングが主要な論点となる。

1.青t黄
 グレイ軸にL3エルザをタッチする形。
 グレイ軸の評価が低下してきている為、形としては既に絶滅寸前。
 安定性の高さがウリ。

2.青赤
 黄色を切って、L1に《ドラゴンフォース ナツ》を足すのが基本。
 8扉も可能で、安定性だけなら青t黄型より高いことも。
 一方でパンチ力はは弱く、ダメージレースで負けている場合はさくっと押し切られてしまう。

3.青黄
 L1アタッカーを《幼き日のエルザ》にシフトした型。
 グレイチェンジとの両立の為に《ドラゴンフォース ナツ》は不採用で、L1のパワーが劣るタイトルにはアドを稼がれて辛い展開を強いられる。
 それ以外のレベル帯は全タイプ中屈指の安定感。

4.青赤t黄
 L1アタッカーを《ドラゴンフォース ナツ》に依存した型。
 黄色はL0を数枚とバウンス、L3エルザのみというタイプが多い。
 もう一種類のL1アタッカーを何にするかが難しく、構築的に弱い可能性も(アドを取れる訳ではないので)。

5.青赤黄
 純正三色。
 L1は《幼き日のエルザ》《ドラゴンフォース ナツ》の二枚看板、《ウェンディ・マーベル》まで採用したFTの強みを最大限活かした構築型。
 バランスがとにかく難しく、事故との戦いが当座の調整課題になる。

6.赤黄
 グレイチェンジをさくっと捨ててしまう斬新な構築。
 回復面に不安が残るものの、L2まではかなり強い戦いが可能。
 エルザで5パンすることを現実的に考える必要があるカラーリング。

7.赤黄t青
 赤黄にグレイチェンジとウルティア、L0ジュビアのみを採用する型。
 青色を何で捻出するかが難しく、それさえ乗り越えれば青赤黄型と同様FTの理想系。




 こんなところでしょうか。
 一部で《六魔将軍のマスター・ゼロ》を真面目に使っておられる方もいるようですが、マーカー使っちゃう時点でちょっと……^^;←煽り
 さておき、参考になれば幸いです。

 それでは失礼します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://epipleptic0bicycle.blog37.fc2.com/tb.php/257-5866cac8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ゴーストアパートメン】

 まーた暫く更新サボっておりました。 休んでいる間には制限改訂なんて大きなニュースもあったりで、ネ

«  | ホーム |  »

プロフィール

Black Claw

Author:Black Claw
年中恋愛中。 ――管理人ことBlack Claw(ぶらくろ)がTCGヴァイスシュヴァルツを中心に扱っているブログです。

2009夏スタン全国進出/2011夏白リーグ全国進出。
ネオスタンは趣味程度に。

バナーなんかもありますので、リンク繋がれてる方など使用していただけると幸いです。200×40推奨。

当ブログはリンクフリーです。

 

twitter、始めました。

ぷらむん < > Reload

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。